マイナーアップデートでもすごい進化!新iMac登場

マイナーアップデートでもすごい進化!新iMac登場

約1年半の時を経てついに登場した。新iMac。

2019年に登場した製品はiPad Air、iPad miniに続いて3製品目。

果たしてAppleは今年いくつの新製品を発表するのでしょうか。期待が高まります。

プロセッサのアップデートで、今まで(ほかのMacと比較して)見劣りしていた性能も大幅に向上

やはり今回のiMacの一番の目玉といえばCPUの強化と、GPUの強化に尽きるでしょう。

今までのiMacは1世代前の第7世代Core iシリーズを搭載していて、大幅に性能が上がった第8世代でないため長い間なんとも歯がゆい状態でした。

昨年にはiMacよりも安価で手に入るMac miniが登場し、そのスペックから大変人気が出て、早くiMacはアップデートされないものかと待ちわびていた人も少なくなかったでしょう。

アップデートされたiMacは21インチモデル(Retina 4K)のCore i3でクアッドコア、そして21インチモデル(Retina 4K)のCore i5/i7は6コアになりました。

さらに、27インチモデルは6コアのCore i5/i7だけでく、オプションで8コアCore i9まで搭載させることが可能です。

そしてなんと21.5インチモデルでは最大60%、27インチモデルでは最大2.4倍というものすごい性能向上を果たしています。

iMacが時代の最先端に帰ってきた!

嬉しいGPUのアップデート

画像

iMacといえば、画像編集や動画編集などCPUとGPUどちらもマシンの限界まで使う方も多いと思います。

GPUのアップデートは、場合によってはCPUの性能向上より作業効率を上げるものなので、そういった面でもしっかり進化しているといえるでしょう。

新しいiMac(21インチ、Retina 4Kモデル)はRadeon Pro 555X/560XそしてオプションでRedeon Pro Vega20を選択することが可能です。

また、27インチモデルはRadeon Pro 570X/575XそしてオプションでRedeon Pro Vega48を選択することが可能となっています。

GPUが新しくなったことで、21.5インチモデルでは最大80%、27インチモデルでも最大50%の速度の向上を果たしているそうです。

まとめ

長年同じデザインが続いていただけに、メジャーアップデートではなくマイナーアップデートにとどまっているのが少し残念といえば残念ですが、いち早く求められていたプロセッサ等のアップデートが来ただけに嬉しいですね。

近いうちに発表されるであろうMac Proの登場も楽しみです。

デスクトップPCカテゴリの最新記事