どれだけ変わった?新しいiPad AirとiPad mini

どれだけ変わった?新しいiPad AirとiPad mini

3月18日の夜、突如Appleから発売が開始されたiPad AirとiPad mini。

数日前に、3月25日にAppleの発表会が行われるという情報があって、そこでiPadを含むさまざまな新しい製品の発表があるんだろうなと思っていただけに、この発表には不意打ちを食らった人も少なくないのではないでしょうか。

ところで、発表された2機種はどちらも久しぶりの更新とあって性能&機能面で大幅な向上がみられます。

今回は、新しく登場したiPad AirとiPad miniがそれぞれ前機種からどのくらい変わったのか紹介します!

ついに登場したiPad mini

画像

熱望しているファンも多い中、3年半も世代更新されてこなかったiPad mini 4。

やはりほかのiPadとは違う7.9インチという画面サイズは何ものにも代えがたく、ずっとiPad mini 4をつかっていたり、待ちきれずにほかの8インチ程のAndroidタブレットを買ったよ!という人も少なからずいたと思います。

そんな中突如発売された、iPad miniはしっかり引き継ぐべき部分を引継ぎ、そして時代に合わせた進化も行っている素晴らしいモデルとなっています!

大幅に性能アップ!!プロセッサはA8からA12 Bionicへ

前世代のiPad miniはiPhone 6/6 Plusと同じA8プロセッサでした。そこから、最新世代のiPhone XS/XS Max/XRと同じA12 Bionicに。

およそ3年半ぶりの更新だけあって、最大3倍高速になっています!

Apple Pencil(第1世代)に対応

画像
iPadシリーズながらコンパクトに扱えるminiは、手の大きさにもよりますが片手でも十分に扱える使い勝手のいいサイズ。
そんなminiもApplleペンシルに対応したことで、さまざまなところでとりだしてメモをとったり、イラストをかいたりといった大きさを生かした使い方もできるようになりました。

去年の新iPad Pro発表と同時に出てきたAplle Pencil(第2世代)に対応していないのは残念ですが、すでに手持ちで第1世代を持っている人には嬉しいかも。

画面が明るくなって、明るい外でもばっちり

ほかのiPadシリーズよりも、活動的に使われることの多いiPad mini。

画面がさらに明るくなったことで、外でももっと見やすくなりました。

いろんなところに持ち運んで、楽しく快適なタブレット生活を送りたいですね。

フロントカメラが強化。FHDのビデオも撮影できるように

今までHDどまりだったフロントカメラが、FHDも撮影できるようになり、ビデオ通話でもiPad miniの進化を体験することができるでしょう。

こういった、細かいところも新しいiPad miniはアップデートしていて頼もしいです。

True Toneディスプレイになったことで、大切な目の負担を軽減

画像
まわりの環境光に応じて、画面が自然な色になるように色身を自動で調節してくれるこの機能。

True Toneを使うことで目にかかる負担が軽減されるので、目に優しいディスプレイです。

Advertisement

驚きの復活!!iPad Air

画像

以前はiPadといえばiPad AirかiPad miniを指すものでしたが、(実質)後継となる無印のiPadの登場でiPad Airの名前を冠する製品は出ていませんでした。

今回登場したiPad Airは、iPad miniとは違いどちらかというと新しいiPadのブランドとしての役割をもっているといえるでしょう。

というのも価格帯からして、無印iPad < iPad Air < iPad Proとしっかりとすみわけされていて去年発表されたiPad Proと無印iPadの開きすぎた価格差を補うための新製品というのが伝わってきます。

個人的には(やりすぎかもしれませんが)スピーカーは4つあればもっとよかったなーと感じました。まぁ、2つでも十分といえば十分なんだけど。

画面は9.7インチから10.5インチに大画面化

iPad ProやiPad miniといった特殊な立ち位置の製品を除けば、今までのスタンダードなiPadは画面サイズがずっと9.7インチのままでした。

決して小さくはないものの、やはり物足りない。といった感じが強くProシリーズに続く形でそろそろ画面サイズを大きいくしてほしいと感じている人も多かったのではないでしょうか。

近年のAndroidタブレットは無印iPad程度の価格帯でもベゼルが小さな製品も多く、デザイン面でも後れを取っていたといえました。

画面サイズが9.7インチから10.5インチに拡大したことで今まで届かなかった痒い所に手が届くようになるでしょう。

私自身両方の画面サイズのiPadを使用していましたが、9.7インチと10.5インチは数字上で大した違いがありませんが、体感では10.5インチの方か断然よかったです。

miniと同じくApple Pencil(第一世代)に対応

画像

最新のiPad miniだけでなく去年発表された無印iPadもAplle Pencilに対応しているので、やはりどのiPadでも高性能なApple Pencilが使えるというのをアピールしたいんでしょう。

Apple Pencilが使えるというだけで、かなりiPadの使い道が広がります。

ただし、去年発表されたApple Pencil(第2世代)には対応していないというのが少し残念ですね。第2世代の充電方法が特殊なので本来想定している利用用とでは使えないというのはわかるのですが、そこは外部の充電器をつくるなどしてなんとか対応してほしかったです。

Smart Keyboard(10.5インチ用)対応でiPad Airの活躍の場が広がる

画像

地味にうれしい、アップデートではないでしょうか。

いままでiPad Proの特権であったSmart KeyboardにiPad Airが対応しました。

  • ちょっと作業したいけど、パソコン使うほどでもないかな・・・
  • 出先に持っていくものをできるだけ少なくしたい・・・

そういったことを感じたことがある人にはこのiPad Air+Smart Keyboardはぴったりだと思います。

まとめ

少し前まで「iPadは、無印とProの2シリーズに絞られていくのか・・・」と感じていましたがまさか合わせて4シリーズになるとは驚きです。

最近のAooleは約4年ぶりにMac miniがアップデートされたり、久しぶりとなるMac Proの登場が噂(予告?)されたりとシリーズ面での充実を図ってきているような感じがしますね。

製品が多いとごちゃごちゃになるという心配もありますが、個人的には、とても興味深い製品が増えるのはうれしいことなので今後も楽しみです!

タブレットカテゴリの最新記事