【SSD換装手順】ノートパソコンを高速化!HDDをSSDに交換して快適にする方法

【SSD換装手順】ノートパソコンを高速化!HDDをSSDに交換して快適にする方法

下の記事でも、ご紹介したように現在HDDをシステムドライブに利用されていて、パソコンが遅いと感じている方にぜひオススメしたいSSD換装。

HDD搭載のノートPCをSSDに交換(換装)をオススメする理由

ちょうど(?)私の手元にまだSSD換装が済んでいなかったノートパソコンがあったので、データはそのままの状態で(クローンして)引き継げるよう換装することに。

そこで今回は、実際にノートパソコンのSSD換装を行なっていきながら、手順を紹介したいとおもいます!

  • 換装するためのパソコンチェック
  • パソコンの保証期間の有無(もし保証期間が残っていると、SSD換装をすることで今後保証が受けられなくなってしまいます)
  • 搭載しているCPUが第2世代以降のintel Core i3 , i5, i7のいずれかであるか
  • 換装するパソコンが、HDDの交換が出来ること(裏蓋のねじ等を外してHDDを交換できるか確認したり、メーカーの製品マニュアル等から確認したりしてください)
Advertisement

SSD換装をするための準備

必要な物

  • SSD換装をするパソコン
  • 外付けHDD / SSDケース
  • 現在パソコンが使用しているストレージより大きな容量のSSD
  • データクローンソフト

今回使用した物

  • ThinkPad X220
  • ThinkPad X220

  • Wavlink 2.5インチUSB 3.0 HDDケース ハードドライブディスクHDD外部エンクロージャケース
  • Wavlink製外付けHDDケース

  • SanDisk SDSSDA-120G-J27
  • 2.5インチSSD SanDisk SDSSDA-120G-J27

  • EaseUS Todo Backup Free 10.6
ThinkPad X220は2011年に発売されたかなり古いパソコンです。Core i5-2520M搭載で、Windows7 ProfessionalからWindows10 Proにアップグレードしています。

外付けHDD / SSDケースにSSDを取り付け

まず、HDDからSSDへデータのクローンをするためにSSDを外付けHDD / SSDケースに取り付けていきます。

きちんと、SSDの端子を確認して

SSDの端子(SATA3.0)

しっかりケースの接続端子とはまったことを確認してから装着します。

SSDケースにSSDを取り付けた写真

ねじ止め等万が一壊れることがないよう、ケースとの接続に不備がないか確認してください。

そして付属のケーブルを取り付けて、換装を行なうパソコンと接続をしてください。

SSDケースをUSB端子を通してノートPCに接続した写真

Advertisement

SSDのフォーマット

まず、SSDを使えるようにするためにはフォーマットをしなければいけません。

WindowsキーとRの同時押しをして、下のような画面がでてきたらその中にある「ディスクを管理(K)」と書いている部分を押します。

ディスクの管理(K)を選択するノートPCの画面

すると、通常のディスクの管理というウィンドウに加えて、ディスクの初期化というウィンドウが表示されます。

設定は、そのままでOKを押してください。(もしパーティションスタイルをGPTにした場合、SSDの換装が出来ないため必ずMBRのままにしてください)

今回はSSDにHDDのクローンを行なう方のSSD換装のためボリュームの割り当て等を行なわず、ディスクの初期化のみでかまいません(OKを押したら、それで準備は大丈夫!ってことです)。

ディスクの初期化を行うノートPCの画面

データクローンソフト「EaseUS Todo Backup Free」のインストール

それではSSD換装において、最も重要なデータのクローンを行なっていきます。

まず、下のリンクをクリックしてアクセスしてください。

EaseUS Todo Backup

リンク先のページをスクロールして下の画像の場所に移動してください。

そして、青色の四角に囲まれているダウンロードと記載しているところをクリック。

EaseUS Todo Backup FreeのWEBサイト画面

すると、ポップアップが表示されます。

今回は、無料版を利用するため再び「ダウンロード」をクリック。

EaseUS Todo Backup Freeのダウンロード画面1

すると、ダウンロードが開始されます。

実行をおして、ダウンロードが終了してセットアップが始まるまで待ちましょう。

EaseUS Todo Backup Freeのダウンロード画面2

ダウンロードが終わると、セットアップウィンドウが表示されます。

セットアップに使用する言語の選択は始めから日本語が選択されているので、そのまま「OK」をクリック。

EaseUS Todo Backup Freeのセットアップの言語選択画面

次の製品選択も、そのまま「次へ(N)」をクリック。

EaseUS Todo Backup Freeのセットアップの製品選択画面

次の選択も、「同意」をクリック。

EaseUS Todo Backup Freeの利用規約に同意をする画面

インストール先の指定ですが、特に問題が無い限り通常はそのまま「次へ」を押しましょう。

EaseUS Todo Backup Freeのインストール先選択画面

これも、そのまま「次へ」を押してください。

(ただ、ユーザーエクスペリエンス向上プログラムに参加にチェックを入れなくても特に違いはありませんでした。

EaseUS Todo Backup Freeの追加タスク選択画面1

データ収集等、気になるという方はチェックを外しておきましょう。)

EaseUS Todo Backup Freeの追加タスク選択画面2

次に、個人データ保存先の選択です。これもそのまま「次へ」を押してください。

EaseUS Todo Backup Freeの個人データ保存先の選択画面

以上で、セットアップの完了です。

完了をおしてセットアップを終了してください。すると、EaseUS Todo Backupのウィンドウが表示されるのでそのまま「3 ディスクのクローン」に進んでください。

EaseUS Todo Backup Freeのディスクのクローン画面

Advertisement

ディスクのクローン

まず、ライセンス認証に関するウィンドウが出てくるので今回はフリーバージョンを使用するため「後で」をクリック。

EaseUS Todo Backup Freeのライセンス認証画面

すると、メインの画面が登場!

そして、上の段の右から2番目の「システムクローン」をクリックしてください。

EaseUS Todo Backup Freeのメイン画面

手順1でフォーマットしたSSDはボリュームの割り当てを行なっていないため「未割り当て」という名称になっています。

ということで、未割り当てを選択(クリック)して・・・

EaseUS Todo Backup Freeの新しいSSDの選択画面

「次へ」を、クリック。

EaseUS Todo Backup FreeのSSDクローンの確認画面

すると、クローンが始まります。

クローンにかかる時間についてですが、クローンするデータの量に大きく左右されます。

今回クローンした私のPCはそこまでソフトウェア等を入れていなかったため、40~50分ほどでクローンが終了しました。

EaseUS Todo Backup Freeのシステムクローン画面

かなり時間がかかるので、気を長くして待ちましょう・・・。

EaseUS Todo Backup Freeのシステムクローンの進捗確認画面

クローンの終了後、使用しているパソコンをシャットダウンしてください。

5 HDDの取り外しと、SSDの取り付け

パソコンが完全にシャットダウン‘をしたことを確認したら、ACアダプターとバッテリーパックを外しましょう。

今回、SSD換装しているThinkPad X220はバッテリーパックが取り外し可能なタイプだったためこのようにしていますが、取り外し不可のパソコンをお使いのかたはそれぞれのパソコンのマニュアル等にしたがって、バッテリーの無効化等をおこなってください。

EaseUS Todo Backup Freeのシステムクローンの進捗確認画面

バッテリーの無効化または取り外しが完了したら、念のため電源ボタンを複数回押してください。

その後、パソコンに搭載されているHDDを外しましょう。パソコンによって位置が異なるので、しっかり確認しておいてください。

ThinkPad X220は左側面にありました。

バッテリーを取り外したThinkPad X220

通常、トレイのようなものに装着されているため、側面のねじ等をとって分離させてください。

側面にねじがあるかとおもいます。

内臓HDDをノートPCから取り出す写真

参考に、HDDをトレイから取り外した画像↓

ノートPCから内臓HDDを取り出した写真

そして、SSD/HDDケースに入れていたSSDをケースから取り外して、HDDを外した手順と逆の手順でトレイに装着してください。

取り出した内臓HDDを分解した写真

半端に接続することがないよう、しっかりSSDを装着してください。

分解した部品をシステムクローン下SSDに装着した写真

最後に、ふたやバッテリーパックをきちんととりつけ、ACアダプターを接続しましょう。

バッテリーとSSDを装着したThinkPad X220

(バッテリーを無効化した場合は、ACアダプターを接続してから有効にしてください)

これで、電源をつければSSD換装終了です!

SSD換装カテゴリの最新記事